スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

かりゆしバンド

ど~もど~も。バナナマフィンです。年末年始は激しく忙しくて、休みも休みでない感じでしたが、この3連休は、ようやくゆっくりと休む事が出来ました。ここでようやく正月休みが取れた感じです。

さて、これまであまり話したことないんですが、・・・・・というか聞かれることもなかったので特に話す機会がなかっただけなんですが、実は、ワンは奄美生まれの奄美育ちなのですが、純粋な奄美大島育ちではないんです。・・・文章的にオカシナ感じに見られるかもしれませんが、この表現が一番正しいのですよ。

どういうことかというと、ワンは、父親の仕事の関係で、転校を繰り返した子供時代を過ごしているわけです。まず、生まれたのは奄美大島です。そして、小学校の3年生になる時に与論に転校しました。そこで中1まで住んでいて、中2からは沖永良部に転校しました。そして、高校の3年間は奄美大島で過ごしたわけです。
むるローカルな話をさせていただくと、わんは、よく名小金久中大高と思われることが多いのですが(そういうノリのようです)、実は、名小那間小(与論)→与論中→知名中(沖永良部)→大高なのです。なので、与論にも知名にもワンの同級生がいます。がしかし、与論・知名の同級生は、ワンがバナナマフィンであることは知らないはずです(そういう話をした事はないのでね^^)。

ちょっと話が逸れてしまいましたので、本題に戻しまして。

ワンは小3から中1まで与論に住んでいたわけです。なので与論の話になると、とても懐かしいわけです。与論の人だけにわかるように書くと「ワヌハ、タビンチュデーシガ、ハンブンハ、ユンヌチュデンダー」という気持ちであるわけです。なので、名瀬でユンヌチュに会うと「ワイタンデー」と言ってしまうのです。

そんな、半分ユンヌチュのワンが気になる情報がありました。与論で拠点に積極的に音楽活動を続けているかりゆしバンドが、1月29日に名瀬市の中央公民館でコンサートを行うそうなのです。これまで残念ながら一度もかりゆしバンドのライブを見たことのないワンにとっては、非常に気になるコンサートです。奄美でもなく沖縄でもない「与論の音楽」を体感できる貴重なコンサートだと思います。与論未体験の方は、ぜひ一度体験してみてください。奄美群島の文化の多様性をじかに体験できると思います。なかなかオモロイ(趣深い)夜になると思いますよ。

20060109193119.jpg


【かりゆしバンドコンサート】
期日;2006年1月29日(日)
場所;中央公民館
開場;18:30
開演;19:00
前売;2,000円
当日;2,200円
プレイガイド;セントラル楽器、じんのうち中央通り店、サウンズパル、あまみ庵、楠田書店、TSUTAYA名瀬店、ブックス十番館
問合せ;奄美大島観光ガイド TEL/0997-54-4821 http://www3.ocn.ne.jp/~amami21/


今日も最後まで読んでいただいてありがとうございます。
BLOGランキングも、みなさんのおかげで、上位に食い込んでおります。
更にオモロイBLOGになるよう頑張りますので1日1回のクリックで応援をお願いします。
blogranking.gif
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。