スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

2007奄美シーカヤックマラソン 結果報告 その3

ヤーマン。バナナマフィンです。

難関を乗り越え、第1チェックポイントまでたどり着いたワンを待っていたのは・・・

とんでもないアクシデントでした。

はい。出発しようとしたワンが、船に乗り込み、出発しようとしたときです。


バキッ!!


と、イヤな音が聞こえました。それに続いて


ああああああ!?


というスタッフの驚く声。そして、ちょうど渡連に到着した 初美さんが


折れてる。折れてる。


と教えてくれています。

まさか?・・・後ろを振り返ると


ラダー(舵)が折れていました


ガビーーーーーン。

ショックです。大ショックです。ワンはすぐに船を下りると、状態をチェックします。

ラダーは、根元の部分から見事に折れていました。

このままでは、船をまっすぐ進めることは100%不可能です。


ここで棄権か?


ワンの頭の中には、最悪の選択肢がよぎります。

いやいや。しかし、ワンはここで、対策を考えました。

そして、スタッフにお願いして、ガムテープを借ります。

そして、折れたラダーをガムテープでグルグル巻きにして固定して

途中でガムテープが外れたら、終わりだなあ・・・

という不安とともに、出発しました。

このアクシデントに、バイブスは下がりっぱなしでしたが

こんなことで負けてられません。

しかも、ここからは、ベタベタの凪の状態が続きます。

ラダーへの負担は少ないはずです。

ワンは、行ける所まで行くことにしました。

実際漕いで見ると、なんとかいけそうです。

しかし、この辺りから日差しと暑さで、徐々に体力が奪われ始めます。

なんだか気力勝負のような感じがしてきました。

ワンは気合を入れて、漕いで行きます。

先行していた数艇をかわして、第2チェックポイントのスリ浜に到着。

ここでは、麦茶とおにぎりとバナナと漬物・・・という感じで

万全の栄養補給を行いました。

気になるラダーは、今のところ大丈夫のようです。

ワンは栄養補給が終わるとすぐに出発しました。

第2チェックポイントを過ぎると、ハーフコースの選手は、一路ゴールへ向かいます。

一方、ワンがエントリーしているフルマラソンの選手は

ここから、精神的に一番キツイといわれるエリアに突入するのです。




blogranking.giff_03.gif
↑↑↑↑↑↑
1日1クリックで バナナマフィンを応援してね

バナナマフィンの公式サイトです
ヒンパンに更新するのでチョクチョク見てね

 バナナマフィンの着うたを
 今すぐGETできますよん
 
RAGGADIO

関連記事
スポンサーサイト

2007/06/26 11:08 |シーカヤックCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。