スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

幻のファーストアルバム

【バナナマフィンの華麗なる(?)軌跡】
-第10話;幻のファーストアルバム-


月1のレギュラー出演も順調にこなしていったワンと53。新たな野望が芽生えてきます。それは【もっともっと多くの人に自分たちの存在を分かってほしい】というものでした。そのためにはどうしたらよいのか、ワンと53はミーティングを重ね、一つの答えを導き出します。それが【アルバムを作ろう】というものでした。

当時、わんきゃの持ちネタは、アルバムを作るのに十分揃っていました。なので、レコーディングさえしてしまえば、アルバムの完成だろ?とカンタンに考えていたのです。

というわけで、レコーディングに望むわけですが、当時のワンキャはレコーディングのノウハウを全く知りません。なので完全に自分たちの手でレコーディングを行いました。記憶は定かではないのですが、自宅でレコードを回しながら歌い、それをそのまま録音するという、超アナログな録音方法だったと思います。しかもすべて1発録り。さらに録り直しも無し。音も相当ヒドかったと思います。・・・今考えると、よくあの品質の作品を出したなあと思います。

とにもかくにも、ファーストアルバムが完成しました。
詳細は、定かではないのですが、以下のような内容です。

タイトル;ぴったしカンカン バナナマフィン
収録曲;ナマステ/自衛隊に入らないか?/かさぶたむけたらまたかさぶた/風見しんごの歌/・・・他にも収録していたのですが、思い出せません。

アルバムができたワンキャは、マスターテープ(カセットテープですよ)
からダビングを繰り返し、100本ぐらいのテープを作って、友達に無料で配りました。このアルバムが意外と好評で、ワンキャが配布したテープがダビングを重ねられ、かなりの広範囲で流通されていきました。口コミだけで、かなりウワサが広がったと思います。

この後【バナナマフィン】という名前は少しずつですが知れ渡っていくことになるのでした。とりあえず、当時福岡でレゲエを聴いていた人たちは【バナナマフィンというDJが小倉にいるらしいぞ。なんかオモロイらしいぞ。】といウワサを聞いたことがあるはずです。

さて、このファーストアルバム【ぴったしカンカン バナナマフィン】ですが、残念なことに在庫が全くありません。当時カセットテープのマスター音源だったので、マスター自体がダメになってしまいました。個人的に数本持っていたのですが、それもいつの間にかなくなってしまいました。なので、本当に幻のファーストアルバムなのです。誰か持ってる人がいたら連絡下さい。よろしくお願いします(笑)


つづく

第1話;レゲエとの出会い
第2話;レゲエにドップリはまったのだよ
第3話;クラブ・ケンムン
第4話;リリックを書き始める
第5話;まずはセレクターとして
第6話;小倉にレゲエDJ誕生
第7話;1人から2人へ
第8話;ようやく名前が決まります
第9話;月1のレギュラーで鍛えられます



■着うたで、バナナマフィンの曲をGET!!
レゲエ専門着うたサイトRAGGADIOで、バナナマフィンの着うた&着うたフルがダウンロードできます。

blogranking.gif
今後とも一人一日一回のクリックで応援をお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。