スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

日本三大都市TOUR レポート

バナナマフィン初の日本三大都市TOUR。その全容をレポートしまっせ。乞うご期待。

■2005/10/8(土)
午後3時の飛行機で、奄美空港を出発。午後4時30分に伊丹空港に到着。そこから空港連絡バスで三宮に入ります。三宮到着は午後5時30分。そこから直接ホテルにチェックイン。

20051102233410.jpg
出発前に奄美空港で記念撮影
左から、REIDEEN、ワン、GAZI


20051102233144.jpg
伊丹空港到着


ホテルで一旦休憩を取りながら、今回のイベント主催者であるJAMDUNGのDICKMAN氏と連絡をとり、スケジュールの確認をする。
午後7時DICKMAN氏がホテルに迎えに来てくれて、会場のBEBERへ。BEBERは三宮の繁華街の中にあるオシャレなビルの地下にありました。地下なので音漏れの問題もないのだろうなあ?と勝手に思ったりしました。
階段を下りて、BEBER店内に入ります。入り口付近にJUMDONGのシステムが設置されていていました。早速リハーサルを行います。
システムから出てくる爆音は、本当に気持ちよくて、その音だけで少しテンションがあがりました。で気持ちよくリハを行いました。
リハ終了後、主催者の拠点であるBAR、JAMDONGへ。BEBERから徒歩数分という近さでした。JAMDONG店内は、南国のいい雰囲気のBARでした。ここに、システムをおいているということでした。JAMDONGのキャパであのシステムを使うと、とんでもないことになりそうだなあと思いました。


JAMDUNG入口の階段です
いいVIBESが漂ってます


ここで、ZEBRAMAN氏と再会。近況報告などをして、夕食に向かいます。
DICKMAN氏とCORALのGAZIとワンの3人で向かった場所は、ZEBRAMAN氏オススメの店。ここは、カルビの石焼ビビンバと冷麺が旨いということで、わんは冷麺を注文しました。これが、本当にバカ旨。本場韓国の冷麺は、麺が違います。めちゃ旨でした。
夕食を済ませ、一旦ホテルへ。深夜0時まで休憩します。0時過ぎ、DICKMAN氏が迎えに来てくれて、会場のBEBERへ。
会場入りすると、すでに大勢のお客さんが踊っていて、いい雰囲気でした。CORAL SOUNDも1時過ぎから1ラウンド目スタートします。まだまだアーリーな雰囲気だったので、ゆっくり上げていく感じです。ジャマイカ・アンセムのネタから入ると、黒人さんたちが大喜びしていたのが目に付きました。初の神戸でのプレイを済ませたCORAL SOUND、まずまずの結果だったと思います。
わんの出番は、午前3時過ぎ。いつもなら熟睡してる時間です。がしかし、当日は緊張のあまり旅の疲れも感じるヒマなく本番に突入してしまいました。ZEBRAMAN氏のSHOWが終わり、DICKMAN氏がお客さんをあおってくれて、いよいよ本番です。奄美VIBES全開で挑ませていただきましたが、初めての場所という緊張感もあり、自分的には【まずまずな感じ】でしたが、お客さんが温かく見守ってくれたという印象でした。お客さん、アリガトウ。次の機会にはもっともっとブチかましますので、ぜひぜひヨロチクね。
本番が終わると、あとはゆっくりとイベントを楽しみました。フロアではダンサーのお姉ちゃんたちが激しいダンス合戦を繰り広げていて、神戸の熱さを感じました。ここでも、やはり【WILLY BOUNCE】大流行りでしたね。全員踊ってました。
朝5時過ぎ、さすがに疲れがピークとなり、ホテルへ帰還。部屋に入ると、そのまま爆睡しました。

つづく


■着うたで、バナナマフィンの曲をGET!!
レゲエ専門着うたサイトRAGGADIOで、バナナマフィンの着うた&着うたフルがダウンロードできます。

blogranking.gif
ありがとうございます。一人一日一回のクリックで応援をお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。