スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

月1のレギュラーで鍛えられます

【バナナマフィンの華麗なる(?)軌跡】
-第9話;月イチのレギュラーで鍛えられます-


【バナナマフィン】という名前を決めたワンと53。ラッキーなことに小倉の【クーゲル】というお店で月イチで行われていたイベントに出演させてもらうことになりました。
このイベントは、スタッフも、出演者も、お客さんも、みんなが「音楽好き」でした。ヒッピホップもハウスもレゲエもロックも、という風になんでもアリのイベントでしたが、ジャンルは関係なくみんなが「音を楽しんでいた」と思います。また、集まっている人たちは皆、今の小倉のシーンを作り上げた人たちだと思います。今考えると、わんは、すごい人達の中で遊ばせてもらってたんだな~と思っていて、本当に「大感謝」なのです。

そんなスゴイ人達が集まるイベントなので、下手なことは出来ません。わんは、本当にキンチョーしていました。しかし、せっかく与えられたチャンスを無駄にすることは出来ないので、毎日のように53と打合せと練習を繰り返し、本番を迎えました。

そして迎えた本番。いつものように下ネタ炸裂のリリックから始まり、自衛隊の歌→風見しんごの歌→かさぶたの歌→ナマステ・・・という感じで歌っていきました。最初は不安でしたが、お客さんがガッツリ盛り上がってくれたおかげで「大成功」となりました。

これをキッカケに、わんきゃは、このイベントにレギュラー出演する事になります。最初はセレクターも兼ねていたワンでしたが、ここでDJに専念することになり、バックセレクターをマッチさん(akaノリーコンダース)にお願いする事になります。快くセレクターを引き受けてくれたマッチさんには、本当に大感謝でした。

そして毎月歌うようになったわんきゃは、お客さんに飽きられないように、毎月一曲は新曲を歌うという試練を自らに与え、リリックを書きまくりました。そして、ライブで歌っては「コレはイケル」「コレはイマイチ」と反省会を繰り返すのです。このとき書いたリリックの量は、相当な数に上ったと思います。そのおかげで、言葉の選び方、フロー、ネタの切り口などなど、自分達のオリジナリティーを確立させる事が出来たと思います。


つづく

第1話;レゲエとの出会い
第2話;レゲエにドップリはまったのだよ
第3話;クラブ・ケンムン
第4話;リリックを書き始める
第5話;まずはセレクターとして
第6話;小倉にレゲエDJ誕生
第7話;1人から2人へ
第8話;ようやく名前が決まります


■着うたで、バナナマフィンの曲をGET!!
レゲエ専門着うたサイトRAGGADIOで、バナナマフィンの着うた&着うたフルがダウンロードできます。ポケモンばりに今すぐゲットだぜ。

blogranking.gif
ありがとうございます。今後とも一人一日一回のクリックで応援をお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。