スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

せつなくなります

今日(2006年8月10日)、全国のニュースで放送されていた、【プール事故】のニュース。文科省が調査をした結果、全国で不備が判明したプールが2339箇所に上るんだそうです。
 ↓参照
■<プール事故>「不備」2339カ所に 文科省全国調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060810-00000039-mai-soci

このニュースを見て、多くの人は安全対策の不備に腹を立てているのではないでしょうか?・・・ま、当然のことなんですけどね。ワンも激しく怒りを覚えてしまっていますし・・・安全対策がしっかりしていれば、こんな事故も起きなかったはずです。
 ↓参照
■プール事故 難航極めた救出…レスキュー隊員が証言
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060803-00000018-maip-soci

しかし、ここにきて、ワンはチョイと違った視点からこの事故のことを考えるようになってきています。それは、ワンの中で一つの疑問が芽生えたところから始まりました。・・・その疑問というのが

事故が発生したとき、親はどこで何をしていたんだろう?

ということです。

・子供たちだけでプールに行かせていたのか?
・親も一緒にプールに行っていたのか?
一緒にプールに行っていたとしたら・・・
・子供が流れるプールで遊んでいるとき、親も一緒にプールの中に入っていたのか?
・子供だけを流れるプールで遊ばせていて、親はほかの場所にいたのか?

そんな疑問が、頭の中をグルグルグルグルよぎるのでした。・・・・・

ここで、ちょっと話は変わるのですが。
ワンは、小学校4年と幼稚園の年長の子供がいます。で、子供をつれてアチコチ遊びに行きます。もちろん海水浴にも(時々ですが)行きますよ。で、子供を遊ばせている時は、常に事故が無いように気をつけています。子供に手が届く範囲にいて、何か事故が起きたら、すぐに対処できるような備えをしています。しかも、それが過保護にならないように適度に距離をとりつつ・・・という感じです。おかげで帰宅すると、心身ともに疲れきってしまうのですが・・・(苦笑)

一方、ワンの受けている印象だと、今の親御さんたちは、「そこまでせんでもいいんじゃない?」とか「放っといても大丈夫よ。子供は子供で気をつけるんだから。」とかいう意識があるように思います。で、子供から目を離している時間が多いように思えるのです。そして、そういう人に限って、「過保護は良くないよ~。子供は多少自由に動かしておいた方がいいよ。」という発言をするように思います。

はい。ここで話をプールの事故の方に戻します。

この事故が発生して、親御さんの心境というものは、どういうものでしょう?・・・ワンがこの親御さんの立場だったら「なぜ、あの時子供のすぐ傍にいて助けてあげられなかったのだろう?」と自分で自分を責めると思います。責めてもどうにもならないことは分かっていても、自分を責め続けると思います。実際のところ、亡くなった子の親御さんも同じではないでしょうか? ・・・・・でも

事故が起こってしまった後に後悔しても遅すぎます。

大切な命は帰ってきません。


多少過保護と思われてもいいです。ワンは、子供が自立するまでは、子供の命を守るために、常に子供の傍にいて、子供を守りたいと思います。自分がちょっと目を離した間に子供が事故にあってしまう・・・そんなことになりたくないのです。

と、イロイロ考えてきて、ワンは島の先輩から言われた言葉を思い出しました。

「子供は、7歳になるまでは、神様からの預かり物」

神様から預かった命だから、親としてキッチリと子供を守り、しつけ、人様に迷惑をかけないような人間に育てなさい・・・という意味なんだそうです。三つ子の魂百まで・・・と似たような意味合いなのでしょうね。

親として、今一度気持ちを引き締めたいと思いました。



最後まで読んでくれて大感謝!!
今日は何位になってるでしょうか? 人気BLOGランキング
関連記事
スポンサーサイト

コメント

切なく悲しい事件ですねぇ。例のふじみの市の事故では、吸い込まれる間際までお母さんが引っ張っていたとか。しかも真っ先に助けに駆けつけたは、服も脱がずに飛び込んだ「かき氷屋」の業者のおじさん・・・。監視員の大半は高校生のバイトで、泳げないヤツもいたとは。ほんとに悲しい限りです。やはり、「自分を守れない」子供を守るのは、我々「親」しかいないということなんでしょうか・・・・・。ちなみにこういった器具の不備,事故などは公営の娯楽施設に圧倒的に多く、民間の施設ではほとんど見受けられないということです。

No:138 2006/08/10 15:52 | kahn the "Oyaji" #- URL編集 ]

>kahn the "Oyaji" くん

せつな過ぎます。
母親の目の前で事故が起きたんだね~。

自分の目の前で、子供が・・・・・

想像しただけで、怖くて吐きそうになりました。

No:139 2006/08/10 17:15 | バナナマフィン #- URL [ 編集 ]

ウチにも八か月になるチビがいるんですが、最近の事件って子供が被害に合う事件が多くて、いつもココロを痛めてます。。。。

やっぱり、そういう事件に巻き込まれないためにも、しっかり親としての責任を果たさなければいけないなぁと改めて思いました!

No:140 2006/08/11 10:51 | ゆぅき #iU4puUNs URL [ 編集 ]

>ゆぅき さん

おおおお。
8ヶ月のお子さんがいるのですね~。
カワイイ時期ですね~。
子育てしてると、色々悩むこともありますが
お互い、がんばりましょうね。(^^)/

No:141 2006/08/11 11:29 | バナナマフィン #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。