スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

奄美けぃんむんマンディ!06

はい。カッ飛ばしてまいりました。奄美けぃんむんマンディ!06。本当に気持ちよくステージを楽しむことが出来ました。これも皆様の熱い声援のおかげさまでございます。ありがとうございました。てなわけで、本日は、奄美けぃんむんマンディ!06の超個人的なレポをお送りいたします。ささ、どうぞどうぞ。

2006年7月15日(土)

この日は、台風4号の影響からすっかり解放され、朝から見事な晴天。午前中、トゥジ(嫁)は仕事へ出かけ、息子はバスケの練習に出かけ、ワンは娘の遊び相手をしながら、本番のステージプランを練りつつ準備を続けます。午後になり、トゥジが帰ってきて、息子が帰ってきて、昼食をとって、しばらく休憩をして、15:30頃に会場へ向け出発。
車で大和浜まで移動し、会場までのシャトルバスに乗り換えます。このシャトルバスのルートが、すんごい道のりでした。実際行った人は分かると思いますが、マイクロバス1台がギリギリ通るぐらいの道幅しかなく、ちょいとビビリながらの会場入りとなりました。
会場に入ると、どこかのリゾート地に来たかのようなロケーションで、その雰囲気のよさにビックリしました。会場内に出店も点在しており、それぞれ覗いてみると、知り合いがいっぱいいました。
荷物を降ろし、早速ビールを飲んで、まずは子供たちを遊ばせました。目の前がビーチだったので、みんなで海水浴です。しばらく遊んでいると41一家もやってきたので、2家族で大はしゃぎしてしまいました。ワンの息子はジェットスキーにも乗って、かなり楽しかったようです。約1時間遊んだ後、シャワーを浴びて着替えを済ませ、本番に備えます。ちょうど、スカバンドBEAT DRUNKERSのライブが始まり、メチャメチャいい気持ちになっておりました。その後舞台袖に移動します。まずはONEDROPの出番が迫っていたので、41と最終打合せをしつつ、ドキドキしながら出番を待ちました。

そして、いよいよ本番。FUMIROCK&ROCKIN'TAKUROWからの流れでのチェンジです。ワンは、マイクを握ると、それまでの緊張が嘘のようにテンションが上り、しょっぱなからブースの前に立ってガンガン叫んでおりました。
客席にはイスが並べられていて、お客さんが前に出てきて踊るということがしにくい状況だったのが辛かったのですが、ライターつけてくれたり、タオルを回してくれたり、それぞれレスポンスがありましたので、気持ちよかったです。
ONEDROPの出番40分も無事終了し、次はDANCINGMOOD。その後バナナマフィンとしての出番があったので、そのまま舞台袖で待機。その間、焼酎を2杯ほど飲んでいると気持ちよく酔っ払ってきました。
で、その勢いのまま、バナナマフィンの本番スタート。セレクターを勤めてくれたCORALとは、曲順だけ打合せをしておいて、後は現場の状況を見ながら随時変更・・・ということになっていたのですが、当初の打合せどおりのステージが出来て良かったです。また新曲真っ裸に靴下が、意外と反応が良かったので嬉しかったですね。あとは、現在のバナナマフィンのイチオシの曲も、トラックONE TO ONEとばっちりハマリ、お客さんも気持ちよく揺れていたようなので、嬉しかったです。
そして、予定通り、無事本番終了。後は飲むだけ。騒ぐだけ。というわけで、次のZIONMOOD、CORALSOUNDで気持ちよく躍らせていただきました。で、そんなこんなやっていると子供たちが眠くなる時間となってしまい、帰宅の途につくことに。後ろ髪を引かれる思いで会場を後にして、バスに揺られ、車に乗り換え、家についたのは、午前1時。そのまま眠り込んでしまいました。


最後まで読んでくれて大感謝!!今日は何位になってるでしょうか? 人気BLOGランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No:129 2006/07/19 21:31 | # [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。