スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

その時歴史が動いた・・・かも

【バナナマフィンの華麗なる(?)軌跡】
-第15話;その時歴史が動いた・・・かも-

ダメ人間ぶり全開の日々から徐々に抜け出し始めていた頃、ワンのもとに、一本の電話が入ります。

それは、わきゃシマ奄美からの電話でした。そして、その内容は【奄美でバナナマフィンのライブをして欲しい】というものだったのです。

ワンは最初【これは何かのイタズラだろう】と思いました。DJとして活動しているとは言え、いわゆる【名も無いインディーズ】的な存在であるワンキャに、そんなオファーが来るとは思わなかったからです。そんなこともあり、なぜワンキャに声をかけてくれたのか詳しく話を聞いてみました。

すると、どうやらワンキャが作ったセカンドアルバムNUFF EXPECTが、どこからか奄美の人の手に渡ったようで、それが若い世代のシマンチュの間で話題になってきていたようなのです。そんな時、名瀬市の商工会議所(だったと思う)が高校生卒業記念パーティーなるものを開催される事になり、その実行委員を務める方々が【バナナマフィンを呼ぼう】と企画してくれたということだったのです。

ここまで言われたら断る理由はありません。ワンキャは、この話を快く引き受けさせてもらう事にしました。そして、この直後から、ワンと53は奄美ライブに向けてイロイロと作戦を練っていきました。

そんなある日、またまた一本の電話が入りました。今度はポニーキャニオンからのものでした。ワンキャが完全にダメだと諦めていたオーディションの結果を伝えるものです。ワンは「残念ながら・・・」というセリフを聞く準備も出来ていたし、奄美行きの準備でいい感じで上がっていたので、明るく電話に出ました。

担当「ポニーキャニオンの○○ですが」
ワン「はい。わざわざスミマセン。」
担当「この度の2次審査なんですが」
ワン「はいはい。」
担当「見事合格となりまして。」
ワン「はいはい。」
担当「はい。それでですね。第3次審査・・・」
ワン「・・・・・えええっ!?」
担当「はい?」
ワン「合格ですか!?」
担当「はい。合格ですが。」
ワン「うそ~ん?・・・いや、スミマセン。ホントですか。」
担当「本当ですよ。大丈夫ですか?」
ワン「大丈夫です。大丈夫です。スミマセン。」
担当「はい。というわけで、第3次審査をデスね、○月○日に・・・」

ワンキャは、見事ポニーキャニオンの第3次審査へとコマを進めてしまったのです。

奄美ライブの決定と、オーディションの通過。想定外の出来事が2連発で起きてしまったワンと53・・・「どうしよう?」と、お互いに戸惑う日々が数日続いたのでした。しかし、いつまでもアタフタしてられません。ワンキャは「やるだけやろう」と誓い、この2つに全力を傾ける事にしたのです。


つづく

第1話;レゲエとの出会い
第2話;レゲエにドップリはまったのだよ
第3話;クラブ・ケンムン
第4話;リリックを書き始める
第5話;まずはセレクターとして
第6話;小倉にレゲエDJ誕生
第7話;1人から2人へ
第8話;ようやく名前が決まります
第9話;月1のレギュラーで鍛えられます
第10話;幻のファーストアルバム
第11話;激動の時期
第12話;上がったり下がったり
第13話;ありそでなさそで
第14話;ダメ人間ぶり全開の日々

日本ブログ大賞2006 ホビー部門にエントリーしております。
  全国の有名BLOGに囲まれて、どこまで順位を伸ばせるか?・・・・・(笑)。
  投票期間は2月15日まで。応援ヨロチクです。→ http://www.blogaward.jp/index.php
ブログランキングに参加してます。1日1回のクリックで応援をお願いします。
  現在30位台をウロチョロしてます→人気BLOGランキング
  現在3位です。ステキすぎぃ~!!→FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

お~~

 どっきりカメラだったら?なんて
不安になってしまうお姿が目に浮かぶようです。

No:76 2006/02/09 13:30 | tokorin #- URL編集 ]

tokorinさんへ

そうそう~~^^
まさに、その感覚です。

アタフタアタフタしてました。

No:103 2006/04/29 14:24 | バナナマフィン #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。