スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

ダメ人間ぶり全開の日々

【バナナマフィンの華麗なる(?)軌跡】
-第14話;ダメ人間ぶり全開の日々-

ワンは、ポニーキャニオンの2次審査が終了した直後から、その手ごたえがあまりにも薄すぎたこともあり、消化不良のような感じもあったのか、虚脱感に包まれた生活を過ごしていました。

何をやるにもヤル気が出ません。ヤル気が出ないから何もしません。昼過ぎに起きて、テレビを見て、夕方になると酒を飲んで、腹が減ったらメシを食って、テレビに向かってブツブツと文句を言って、夜中になって、テレビの放送が終了した後布団に入って、リリックというか、何かワケのわからないことをダラダラと書き続けて、眠気がきたらそのまま寝て・・・・・という、今で言う【ひきこもり】のような生活を送っていました。そのくせ、周りの人にはそんな自分を見せたくないもんだから、調子よく振舞っていた部分もあり、己のダメ人間さをイヤというほど再認識した時代でもあります。

今思い出してみると、この頃の記憶というのが、本当に曖昧です。自分の記憶に残らないほどに何もしなかったんだな~と思ってしまいます。また、この時期に書いたリリックを読み返してみると、なんだかオカシナことばかり書いています。実際この時期は【ワンは何で生まれてきたんだろう?】とか、【ワンは一体何をやってるんだろう?】とか、【ワンは、これからどうなっていくんだろう?】なんてことばかり考えていた感じがするので、リリックもそんな感じだったのだと思います。

この頃が、ワンの人生の中で一番ネガティブなVIBESの時代でした。せっかく入った大学を中退してしまったのも、この時期です。この件では、親兄弟、親戚、友人達に、多大なご迷惑をかけてしまいました。にもかかわらず、彼らは、ダメ人間のワンに付き合ってくれて、叱咤激励を送り続けてくれました。そのおかげで、ワンは、親兄弟、親戚、友人達のありがたさを痛感しました。彼らのおかげでネガティブなVIBESから抜け出すことが出来たと思っています。

当時お世話になった皆様、ご迷惑をおかけしました。また色々と支えていただいて、ありがとうございました。この場を借りて、感謝の意と、MAXIMUMなRESPECTを送ります。

つづく

第1話;レゲエとの出会い
第2話;レゲエにドップリはまったのだよ
第3話;クラブ・ケンムン
第4話;リリックを書き始める
第5話;まずはセレクターとして
第6話;小倉にレゲエDJ誕生
第7話;1人から2人へ
第8話;ようやく名前が決まります
第9話;月1のレギュラーで鍛えられます
第10話;幻のファーストアルバム
第11話;激動の時期
第12話;上がったり下がったり
第13話;ありそでなさそで


日本ブログ大賞2006 ホビー部門にエントリーしております。
  全国の有名BLOGに囲まれて、どこまで順位を伸ばせるか?・・・・・(笑)。
  投票期間は2月15日まで。応援ヨロチクです。→ http://www.blogaward.jp/index.php
ブログランキングに参加してます。1日1回のクリックで応援をお願いします。
  現在50位台をウロチョロしてます→人気BLOGランキング
  現在3位争いをしております→FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。