スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

ポニーキャニオン最終審査

【バナナマフィンの華麗なる(?)軌跡】
-第20話;ポニーキャニオン最終審査-

というわけで、いよいよ最終審査の日を迎えたBANANA×MUFFIN。上京し、指定されたスタジオに向かいます。ここでは、ワンキャと同じようにこれまでの審査を勝ち上がってきた猛者たちが、10組ほど集まっていました。審査が始まる前に控え室に案内されて、そこで当日のスケジュール説明を聞き、本番までお待ちください・・・ということになりました。

この時点で、いまだに情緒不安定な状態だったワンは、特異な雰囲気もあり、完全に平常心を失っていました。おかしなバイブス全開です。このときは、53も、バックセレクターを頼んでいた41(現ONEDROPセレクター)も、ワンのおかしなバイブスに気づいていたのではないか?と思います。

そんなこんなで、平常心に戻れないまま、いよいよ本番となりました。案内されてステージに上がると、客席には数十名のスーツの一団が座っていました。音楽業界関係者の皆さんだと思いますが、本当に異様なバイブスを醸し出しておりました。
ワンキャが普段歌っているのは、レゲエが好きな人たちが集まり、酒を飲んで楽しく踊って大騒ぎをして・・・という場所だったので、この 『審査しまっせ』 的なバイブスに、ワンは、またまた違和感を感じてしまったところがありました。

ステージのセッティングも終了し、MCのお二人がワンキャを紹介した後、41がリディムを流し、ワンキャは歌い始めました。歌っている間は、いつものように楽しめそうになったのですが、どこかで吹っ切れない部分があり・・・結果的には消化不良な感じでステージを終えます。その後MCの方々からインタビューを受けるのですが、うまく噛み合わず、MCの方にもご迷惑をおかけしてしまいました。
そんなこんなで最終審査が終了。審査結果は後日お伝えしますという連絡が入り、ワンキャは会場を後にするのでした。

数週間後、福岡に帰っていたワンの元へ、ポニーキャニオンから連絡が入りました。その内容は『残念ながら今回は不合格となりました』というものでした。ワンは『お世話になりました。ありがとうございました。』とお礼を告げると電話を切ります。そして、53にも不合格だったことを伝えました。ワンキャは、なんとも言えない虚無感に包まれてしまいました。

この時のワンは、本当に『ど~でもいいですよー』みたいなバイブスで、それは53にビシビシ伝わっていたのではないか?と思います。53は、ワンを励ますためにイロイロと気を使ってくれました。しかし、それに応えるだけの元気がワンには無くて、今考えると53に本当に申し訳ないことをしたな~・・・と反省しています。

それからしばらくして、ワンの頭の中には、1つの思いがハッキリしてきました。

島に帰ろう

ワンは、ここまでガムシャラに頑張ってきたものの将来が見えず、不安だったのだと思います。というわけで、とりあえず島に帰ってゆっくりと休みたい・・・と思っていたのでした。
ワンは、簡単に荷造りを済ませると、ちょっと帰省するつもりで飛行機に飛び乗りました。福岡空港から飛び立った飛行機は鹿児島を経由し奄美へと到着します。奄美空港に降り立ったワンを迎えてくれたのは、南国特有の熱い日差しと、湿気が少ない爽やかな南西から吹き抜ける風、そして奄美大島が持つ 全てを受け入れてくれる バイブスでした。


つづく

第1話;レゲエとの出会い
第2話;レゲエにドップリはまったのだよ
第3話;クラブ・ケンムン
第4話;リリックを書き始める
第5話;まずはセレクターとして
第6話;小倉にレゲエDJ誕生
第7話;1人から2人へ
第8話;ようやく名前が決まります
第9話;月1のレギュラーで鍛えられます
第10話;幻のファーストアルバム
第11話;激動の時期
第12話;上がったり下がったり
第13話;ありそでなさそで
第14話;ダメ人間ぶり全開の日々
第15話;その時歴史が動いた・・・かも
第16話;先立つものが必要なのよ
第17話;花の都大東京
第18話;奄美でイロイロやっちゃいました
第19話;分岐点




blogranking.giff_03.gif
↑↑↑↑↑↑
1日1クリックで バナナマフィンを応援してね

バナナマフィンの公式サイトです
ヒンパンに更新するのでチョクチョク見てね

 バナナマフィンの着うたを
 今すぐGETできますよん
 
RAGGADIO

スポンサーサイト

分岐点

【バナナマフィンの華麗なる(?)軌跡】
-第19話;分岐点-

ポニーキャニオンの審査、奄美での初の凱旋ライブ、ともに無事終了させたBANANA×MUFFIN。その後奄美で約1ヶ月の休養を取っていたワンに大きな分岐点が迫ってきていたのですが、この時点では、その事実に本人も気付いていませんでした。

さて、一ヶ月の休養の後、福岡に戻ったワンを待っていたのは、いつもと変わらない単調な毎日でした。朝起きて、バイトに行って、夕方帰ってきて、自宅でボ~~~ッとして、週末は遊びに行って・・・という繰り返しです。こういう生活を繰り返しているうちに、ワンは精神的にすごい圧迫感を感じるようになりました。そして漠然とした不安感に襲われるようになりました。そんな状態のときに思い出すのは、故郷の奄美大島のことでした。久々に1ヶ月間も奄美に滞在し、これでもかっちゅ~ぐらい奄美の生活を満喫していたワンにとって、都会の生活は窮屈に感じていたのかもしれません。とにかく情緒不安定だったことは間違いありません。

そんな状態の時に、ポニーキャニオンから連絡が入りました。その内容というのが「最終審査に残りました。ここで合格した場合、メジャーデビューとなります。○月○日に東京でライブ形式の最終審査を行いますので、参加してください。」というものでした。なんと、メジャーデビュー目前まで迫っていたわけです。ついに来たか・・・という感じですが、当時のワンは、情緒不安定だったためか、特に盛り上がることもなく、気合が入ることもなく、かと言って悲観的なわけでもなく、・・・総合的にまとめて表現すると『ど~でもいいや~』に近い感じだったように思います。今思えば、かなりおかしなVIBESです。ただ、この時に『人生の分岐点に立っているのかもしれない』という感覚があったのは確かでした。

そんなこんなで、自分の人生を自分で決める時が迫っていたワン。『どうしたらいいんだろう?』とか『自分は本当はどうしたいんだろう?』と悩みつつ、悶々とした日々を送るのでした。


つづく

第1話;レゲエとの出会い
第2話;レゲエにドップリはまったのだよ
第3話;クラブ・ケンムン
第4話;リリックを書き始める
第5話;まずはセレクターとして
第6話;小倉にレゲエDJ誕生
第7話;1人から2人へ
第8話;ようやく名前が決まります
第9話;月1のレギュラーで鍛えられます
第10話;幻のファーストアルバム
第11話;激動の時期
第12話;上がったり下がったり
第13話;ありそでなさそで
第14話;ダメ人間ぶり全開の日々
第15話;その時歴史が動いた・・・かも
第16話;先立つものが必要なのよ
第17話;花の都大東京
第18話;奄美でイロイロやっちゃいました




最後まで読んでくれて大感謝!!
このシリーズ意外とオモロイぞという方、クリックぷり~ず・・・ 人気BLOGランキング

奄美でイロイロやっちゃいました

【バナナマフィンの華麗なる(?)軌跡】
-第18話;奄美でイロイロやっちゃいました-

ポニーキャニオンのオーディションも無事こなし、続いては故郷である奄美大島でのライブがさしせまってきたワン。BANANA×MUFFINとしても慣れない場所でのライブとなるので、若干の緊張もありましたが、ワンにとっては地元でライブが出来るうれしさの方が大きく、ちょっとした小旅行といったノリでした。
というわけで、前日に奄美入りしたワンキャ。同窓生であり、当時東京で活動していたコスモポリタン・クルーの41(現ONEDROPセレクター)とフランスバスターと共に、名瀬市内(現奄美市)のアーケードなどで観光客VIBES全開でビデオ撮影などしながら友達の店をめぐったりしました。
そしていよいよ本番。会場となったのは奄美観光ホテル。ここで高校卒業の生徒さんたちの祝賀パーティーということで、BANANA×MUFFINが出演するわけです。
まずは、サウンドから・・・というわけで、コスモポリタンのプレイ。当時レゲエというものが全然浸透していなかった(と言っていい)奄美だったので、高校生たちは最初戸惑っていたようでしたが、MCを入れて少しずつ盛り上げていき、最後は総踊り大会・・・という感じでした。
その後BANANA×MUFFINの登場。わんきゃのリリック一つ一つにキッチリ反応してくれて、コール&レスポンスもバッチリ出来て、本当に気持ちよくステージをつとめることが出来ました。思わず「奄美最高じゃー」と叫んでしまったほどですから、かなり気持ちよかったのだと思います。
というわけで、無事ライブを終了することが出来て一安心し、気持ちよくビールなどを飲んで眠りについたのでした。

そして、翌日(だったと思う)

今度は、屋仁川のフェスティバル(現むちゃかな)というお店で開催されたイベントに出演させてもらうことになりました。このイベント、当時奄美で音楽活動を続けていた若者が集まるオールジャンルなイベントでした。今奄美の色々なシーンで活躍している方々が一堂に会していたと思います。
ここでも、レゲエのダンスホールスタイルやDJといったものは全く知られてなくて、ワンキャが歌いだした瞬間、みんなが珍しそうにワンキャを見ていたことを、凄く覚えています。しかし、ものめずらしさも手伝ってか、ワンキャのライブは大盛上り大会となりました。お客さんの反応が、とてもストレートで爆発的だったのが印象的でした。

というわけで、奄美で2つのイベントを無事にこなしたワン、大きな仕事が一段落してホッと一安心したこともあり、また、その後のスケジュールも特に決まっていなかったので、しばらく奄美に滞在することにしたのです。
この滞在期間中に、ワンは奄美の色々なところに出かけ、何もしないでボ~~~ッと時間を過ごしていました。特に海に行くと、太陽の日差しや、潮風の香りや、波の音といった、自然のVIBESを全身で受け取っている感じがあって、本当にハマっていました。

そういう生活を約1ヶ月続けてワン、心の中に一つの思いが芽生えてくるのですが、この時点では、自分自身でもその思いに気付いていないのでした。

つづく

第1話;レゲエとの出会い
第2話;レゲエにドップリはまったのだよ
第3話;クラブ・ケンムン
第4話;リリックを書き始める
第5話;まずはセレクターとして
第6話;小倉にレゲエDJ誕生
第7話;1人から2人へ
第8話;ようやく名前が決まります
第9話;月1のレギュラーで鍛えられます
第10話;幻のファーストアルバム
第11話;激動の時期
第12話;上がったり下がったり
第13話;ありそでなさそで
第14話;ダメ人間ぶり全開の日々
第15話;その時歴史が動いた・・・かも
第16話;先立つものが必要なのよ
第17話;花の都大東京


最後まで読んでくれて大感謝!!
今日は何位になってるでしょうか? ・・・・・ 人気BLOGランキング

花の都大東京

【バナナマフィンの華麗なる(?)軌跡】
-第17話;花の都大東京-

ドキドキしていました。ソワソワしていました。ポニーキャニオンの第3次オーディションを受けるために、いよいよ東京へ出発する日がやってきたのです。
ワンは、53より先に飛行機で東京へ向かいました。そして羽田空港に到着。高校の同窓生が車で迎えに来てくれていて、そのドゥシの顔を見たとき、ちょっと落ち着いた覚えがあります。羽田空港から車で移動し、友人宅へ。久々の再会で盛り上がったわんきゃは、早速酒を酌み交わし、夜中まで大騒ぎしていました。
翌日、53は新幹線で東京入り。ワンは友人とともに東京駅に53を迎えに行きました。53も若干の緊張があったような気がします。53と合流後は、翌日に迫ったオーディションの作戦会議(らしきもの)をしましたが・・・ただ緊張感を高めてしまうだけで、まるっきり逆効果でした(笑)。

そして、いよいよ第3次審査です。レコード会社から連絡があった四谷(・・・だったと思う)のスタジオでオーディションでした。そのスタジオに入り、受付で「オーディションを受けに来ました」と伝えると、控え室に通されました。
全国から2次審査を突破してきたアーティストの方々が、時間をずらして審査を受けているようでした。この頃は、いわゆるバンドブームだったので、わんきゃ以外は、みんなバンドの方たちだったように思います。
しばらくして、控え室でキンチョーしながら待っていたわんきゃの元に「はい。バナナマフィンさん、ど~ぞ~」とスタッフの方がやってきました。わんきゃはその方についていきます。・・・・で、着いた先というのが、メジャーのアーティストの方々がレコーディングで使っているであろう本格的なスタジオでした。テレビでレコーディング風景などが放送されることがありますが、まさにアレです。
まず、わんきゃが通されたのがPAの部屋でした。その部屋のソファに「ど~ぞ、おかけください」と案内されます。ワンは、本格的なスタジオに圧倒され、若干ギクシャクしながらソファに座りました。そこに、レコーディングディレクター(だと思う)、PAのエンジニアの方(と思われる)、そしてこのオーディションでわんきゃのマネージメント担当をしてくれるスタッフの方、その他数名のスタッフの方が集まりました。
そこで、わんきゃは、2次審査でも聞かれたような質問を受け、それに同じように答え、それを聞いたスタッフの方々は終始ニコニコ・・・といった感じで時間が過ぎます。・・・で、一通り話しが終わると「じゃ、実際に歌ってください」ということになり、わんきゃはPAルームから奥のスタジオへと案内されます。

このスタジオが、またトンデモナクすごかったです。スタンディングなら200人ぐらいのキャパがあるんじゃないだろうか?と思われる広さで、天井は以上に高く・・・しかし、声の反響などは一切なく、純粋に音を録音するために完璧に作られた空間・・・という感じでした。
そのスタジオに、わんきゃ専用のマイクが2本。ヘッドホンが2つセットされていました。わんきゃがその場に立つとガラス越しのPAルームから、ディレクターの方が「ヘッドホンをつけてくれ」みたいなジェスチャーをしました。わんきゃは言われるままにヘッドホンをつけます。

「どうですか?」

ヘッドホンから、PAルームのディレクターさんの声が聞こえます。・・・スゲエ・・・ワンは、それだけで感動しました(笑)。

「今からマイクテストを行います。トラックを流しますから、レベルの確認をお願いしますね」

ディレクターさんが、そういうと、ヘッドホンにNUFF EXPECTで使ったトラックが流れてきました。普段使っている音を聞いて、ワンはスーッと落ち着いていきました。そこで、軽く声をを出して、しっかりと聞こえるか確認をします。(・・・・・のちのち、これをモニターチェックというんだということを知ります)。わんきゃはそれぞれトラックと自分の声と相手の声のレベルの調整を行ってもらい・・・しばらくして「OKです」という返事をしました。

「それじゃー、軽く歌ってもらっていいですか?」

ディレクターさんの問いかけに、わんきゃはキンチョーしながらも「ハイ」とうなづきました。それを見てディレクターさんがきっかけを出し、【Sooner or Later】のトラックが流れてきました。ワンと53は、互いにアイコンタクトをして、普段どおりにドカーーーーン!!と歌いました。
PAルームでは、わんきゃの声が部屋全体で聞こえるらしく、スタッフの皆さん全員が両手をたたいて大爆笑しながら、わんきゃの歌を聴いていました。それを見て、ワンはさらに絶好調になりガンガン歌います。ここまでくると本当に気持ちよくて、普段のライブで歌っている感覚でした。そして、無事に1曲歌い終わると

「OKで~~~す。お疲れ様でしたー。」

とディレクターさんが言いました。わんきゃは、ヘッドホンを外し、PAルームへと戻ります。そこでは、スタッフの皆さんがニコニコしながらわんきゃを迎えてくれました。そして、「リリックがおもしろいね~」とか「普段の活動は、どんな感じなの?」とか「東京に出てこないの?」とか、そんな話をした覚えがあります。
で、ひとしきり世間話が終わった後、

「じゃ、第3次審査は以上です。ありがとうございました。」

ということになりました。わんきゃは、「ありがとうございました」とお礼を言って、スタジオを出ました。
【やれることはやった】という達成感に包まれていたワン、安心したことと、貴重な経験ができたことで、いい気持ちになりながら東京の街を歩くのでした。


つづく

第1話;レゲエとの出会い
第2話;レゲエにドップリはまったのだよ
第3話;クラブ・ケンムン
第4話;リリックを書き始める
第5話;まずはセレクターとして
第6話;小倉にレゲエDJ誕生
第7話;1人から2人へ
第8話;ようやく名前が決まります
第9話;月1のレギュラーで鍛えられます
第10話;幻のファーストアルバム
第11話;激動の時期
第12話;上がったり下がったり
第13話;ありそでなさそで
第14話;ダメ人間ぶり全開の日々
第15話;その時歴史が動いた・・・かも
第16話;先立つものが必要なのよ


ブログランキングに参加してます。1日1回のクリックで応援をお願いします。
  現在70位台をウロチョロしてます→人気BLOGランキング
  現在10位争いをしております→FC2ブログランキング

先立つものが必要なのよ

【バナナマフィンの華麗なる(?)軌跡】
-第16話;先立つものが必要なのよ-

いよいよ、わんきゃはポニーキャニオンの第3次審査を受けるために、東京に行くことになりました。しかし、当時ビンボー生活ド真ん中だったワンと53、東京行きの旅費すらありません。なので旅費を稼ぐためにバイトをすることにしました。このバイトというのが、何かのビラを長崎市内の全家庭のポストに投函していくものだったと思います。福岡から長崎までの足代も出るし、結構いいバイト代になりそうだったので、2人してこのバイトをすることにしました。

で、このバイトに出発するのが朝早かったので、当時北九州に住んでいた53は、大橋に住んでいたワンの家に前日に泊まり、一緒に長崎に向かうことにしました。・・・しかし、ココで事件が発生します。
ワンは、夜の11時に53と大橋駅で待ち合わせをしました。しかし、その時間にワンがいたのは、姪浜の友人宅です。どう考えても間に合いません。そんなこんなで、結局ワンは、53を3時間ほど大橋駅で待たせてしまうという大失態をしてしまいました。53、ゴメンチャイ。

そんな事件も発生しつつ、翌日長崎に向かったワンと53。午後にはバイト先に到着し、すぐに仕事開始です。仕分けが済んだビラを抱え、担当地区まで車で移動し、一軒一軒ビラを投函していきました。長崎は坂が多い街です。あの坂をドドドドドッとダッシュしてビラを投函して疲れました。高級なマンションは一階にポストがあるので楽チンでしたが、ちょいと古めの団地になると5階建てなのにエレベーターもなし。ポストも各家の玄関のみ。なんていうものもあり、バテバテになりました。そんなこんなで1日目の仕事が終わり、その日の宿泊は健康ランドみたいなところでした。寝る場所は、いわゆる【仮眠室】みたいな大部屋で、リクライニング式の椅子みたいなヤツがベッド代わりでした。53と隣のベッド(椅子)に並んで眠ることにしましたが、なんとも切ない気持ちになったのを覚えています。
翌日は、早朝から、また同じ仕事の繰り返しでした。一日中走り続け、仕事が全て終了したのが午後7時頃だったと思います。そこから駅まで送ってもらい、博多行きの特急に乗って福岡へと帰りました。わんきゃは、電車の中で「自分へのご褒美にビールを飲もう」という話になり、電車内で乾杯しました。

帰宅して数日後、バイト代が振り込まれてきました。これで東京へと旅立つことが出来ます。わんきゃは、ドキドキワクワクしながら、東京へ向かう日をまっていたのでした。


つづく

第1話;レゲエとの出会い
第2話;レゲエにドップリはまったのだよ
第3話;クラブ・ケンムン
第4話;リリックを書き始める
第5話;まずはセレクターとして
第6話;小倉にレゲエDJ誕生
第7話;1人から2人へ
第8話;ようやく名前が決まります
第9話;月1のレギュラーで鍛えられます
第10話;幻のファーストアルバム
第11話;激動の時期
第12話;上がったり下がったり
第13話;ありそでなさそで
第14話;ダメ人間ぶり全開の日々
第15話;その時歴史が動いた・・・かも


ブログランキングに参加してます。1日1回のクリックで応援をお願いします。
  現在70位台をウロチョロしてます→人気BLOGランキング
  現在10位争いをしております→FC2ブログランキング

その時歴史が動いた・・・かも

【バナナマフィンの華麗なる(?)軌跡】
-第15話;その時歴史が動いた・・・かも-

ダメ人間ぶり全開の日々から徐々に抜け出し始めていた頃、ワンのもとに、一本の電話が入ります。

それは、わきゃシマ奄美からの電話でした。そして、その内容は【奄美でバナナマフィンのライブをして欲しい】というものだったのです。

ワンは最初【これは何かのイタズラだろう】と思いました。DJとして活動しているとは言え、いわゆる【名も無いインディーズ】的な存在であるワンキャに、そんなオファーが来るとは思わなかったからです。そんなこともあり、なぜワンキャに声をかけてくれたのか詳しく話を聞いてみました。

すると、どうやらワンキャが作ったセカンドアルバムNUFF EXPECTが、どこからか奄美の人の手に渡ったようで、それが若い世代のシマンチュの間で話題になってきていたようなのです。そんな時、名瀬市の商工会議所(だったと思う)が高校生卒業記念パーティーなるものを開催される事になり、その実行委員を務める方々が【バナナマフィンを呼ぼう】と企画してくれたということだったのです。

ここまで言われたら断る理由はありません。ワンキャは、この話を快く引き受けさせてもらう事にしました。そして、この直後から、ワンと53は奄美ライブに向けてイロイロと作戦を練っていきました。

そんなある日、またまた一本の電話が入りました。今度はポニーキャニオンからのものでした。ワンキャが完全にダメだと諦めていたオーディションの結果を伝えるものです。ワンは「残念ながら・・・」というセリフを聞く準備も出来ていたし、奄美行きの準備でいい感じで上がっていたので、明るく電話に出ました。

担当「ポニーキャニオンの○○ですが」
ワン「はい。わざわざスミマセン。」
担当「この度の2次審査なんですが」
ワン「はいはい。」
担当「見事合格となりまして。」
ワン「はいはい。」
担当「はい。それでですね。第3次審査・・・」
ワン「・・・・・えええっ!?」
担当「はい?」
ワン「合格ですか!?」
担当「はい。合格ですが。」
ワン「うそ~ん?・・・いや、スミマセン。ホントですか。」
担当「本当ですよ。大丈夫ですか?」
ワン「大丈夫です。大丈夫です。スミマセン。」
担当「はい。というわけで、第3次審査をデスね、○月○日に・・・」

ワンキャは、見事ポニーキャニオンの第3次審査へとコマを進めてしまったのです。

奄美ライブの決定と、オーディションの通過。想定外の出来事が2連発で起きてしまったワンと53・・・「どうしよう?」と、お互いに戸惑う日々が数日続いたのでした。しかし、いつまでもアタフタしてられません。ワンキャは「やるだけやろう」と誓い、この2つに全力を傾ける事にしたのです。


つづく

第1話;レゲエとの出会い
第2話;レゲエにドップリはまったのだよ
第3話;クラブ・ケンムン
第4話;リリックを書き始める
第5話;まずはセレクターとして
第6話;小倉にレゲエDJ誕生
第7話;1人から2人へ
第8話;ようやく名前が決まります
第9話;月1のレギュラーで鍛えられます
第10話;幻のファーストアルバム
第11話;激動の時期
第12話;上がったり下がったり
第13話;ありそでなさそで
第14話;ダメ人間ぶり全開の日々

日本ブログ大賞2006 ホビー部門にエントリーしております。
  全国の有名BLOGに囲まれて、どこまで順位を伸ばせるか?・・・・・(笑)。
  投票期間は2月15日まで。応援ヨロチクです。→ http://www.blogaward.jp/index.php
ブログランキングに参加してます。1日1回のクリックで応援をお願いします。
  現在30位台をウロチョロしてます→人気BLOGランキング
  現在3位です。ステキすぎぃ~!!→FC2ブログランキング

ダメ人間ぶり全開の日々

【バナナマフィンの華麗なる(?)軌跡】
-第14話;ダメ人間ぶり全開の日々-

ワンは、ポニーキャニオンの2次審査が終了した直後から、その手ごたえがあまりにも薄すぎたこともあり、消化不良のような感じもあったのか、虚脱感に包まれた生活を過ごしていました。

何をやるにもヤル気が出ません。ヤル気が出ないから何もしません。昼過ぎに起きて、テレビを見て、夕方になると酒を飲んで、腹が減ったらメシを食って、テレビに向かってブツブツと文句を言って、夜中になって、テレビの放送が終了した後布団に入って、リリックというか、何かワケのわからないことをダラダラと書き続けて、眠気がきたらそのまま寝て・・・・・という、今で言う【ひきこもり】のような生活を送っていました。そのくせ、周りの人にはそんな自分を見せたくないもんだから、調子よく振舞っていた部分もあり、己のダメ人間さをイヤというほど再認識した時代でもあります。

今思い出してみると、この頃の記憶というのが、本当に曖昧です。自分の記憶に残らないほどに何もしなかったんだな~と思ってしまいます。また、この時期に書いたリリックを読み返してみると、なんだかオカシナことばかり書いています。実際この時期は【ワンは何で生まれてきたんだろう?】とか、【ワンは一体何をやってるんだろう?】とか、【ワンは、これからどうなっていくんだろう?】なんてことばかり考えていた感じがするので、リリックもそんな感じだったのだと思います。

この頃が、ワンの人生の中で一番ネガティブなVIBESの時代でした。せっかく入った大学を中退してしまったのも、この時期です。この件では、親兄弟、親戚、友人達に、多大なご迷惑をかけてしまいました。にもかかわらず、彼らは、ダメ人間のワンに付き合ってくれて、叱咤激励を送り続けてくれました。そのおかげで、ワンは、親兄弟、親戚、友人達のありがたさを痛感しました。彼らのおかげでネガティブなVIBESから抜け出すことが出来たと思っています。

当時お世話になった皆様、ご迷惑をおかけしました。また色々と支えていただいて、ありがとうございました。この場を借りて、感謝の意と、MAXIMUMなRESPECTを送ります。

つづく

第1話;レゲエとの出会い
第2話;レゲエにドップリはまったのだよ
第3話;クラブ・ケンムン
第4話;リリックを書き始める
第5話;まずはセレクターとして
第6話;小倉にレゲエDJ誕生
第7話;1人から2人へ
第8話;ようやく名前が決まります
第9話;月1のレギュラーで鍛えられます
第10話;幻のファーストアルバム
第11話;激動の時期
第12話;上がったり下がったり
第13話;ありそでなさそで


日本ブログ大賞2006 ホビー部門にエントリーしております。
  全国の有名BLOGに囲まれて、どこまで順位を伸ばせるか?・・・・・(笑)。
  投票期間は2月15日まで。応援ヨロチクです。→ http://www.blogaward.jp/index.php
ブログランキングに参加してます。1日1回のクリックで応援をお願いします。
  現在50位台をウロチョロしてます→人気BLOGランキング
  現在3位争いをしております→FC2ブログランキング

ありそでなさそで

【バナナマフィンの華麗なる(?)軌跡】
-第13話;ありそでなさそでー

ポニーキャニオンの新人発掘オーディションに応募したワンと53。見事に1次審査を通過し、2次審査の当日を迎えることになりました。

2次審査はレコード会社の方々との面接ということで、福岡のポニーキャニオンの事務所に行きました。事務所のあるビルに入り「2次審査で来たんですが」と言うと、面接室の隣の部屋に通されました。ワンも53も初めての経験なのでキンチョーのあまり口数も少なくなってきます(笑)。
そんなこんなで30分ほど経った頃、「どうぞお入り下さい」と案内されて、面接室に入ると・・・・・7,8人いた面接官から一斉にワッと歓声が上がります。(このとき何故歓声が上がったのか、未だにナゾです)

「???。なんなのよ?。なんかオモロイことでもあるの?」などと思いつつ準備された席に着くワンと53。面接官はニコニコしながらワンキャに質問してきました。レゲエ以外のアーティストで好きな人はいますか?とか、テレビ番組はどんなのが好きですか?とか、どっちがリーダーなの?とか・・・なんか、普通のお話をしているような面接でした。

そんなこんなでアッという間に面接終了。ワンと53は面接室を出て、ホッと一息。でお互いに顔を見合わせて、こう言ったのでした。

「ダメだな。落ちたな。」

あまりにも世間話をされすぎたので、手応えのようなものが全くなかったのです。ワンは、個人的に「コレは出来レースで、2次審査受かるヤツはすでに決まっていて、わんきゃは、ただのヤッツケ仕事なんだ」とまで思ったほどでした。というわけで、この日は、ちょっとドンヨリした気持ちのまま帰宅しました。

またいつもの日常へと戻り、しばらくたったある日。意外な人から電話がかかってくるのです。

つづく

第1話;レゲエとの出会い
第2話;レゲエにドップリはまったのだよ
第3話;クラブ・ケンムン
第4話;リリックを書き始める
第5話;まずはセレクターとして
第6話;小倉にレゲエDJ誕生
第7話;1人から2人へ
第8話;ようやく名前が決まります
第9話;月1のレギュラーで鍛えられます
第10話;幻のファーストアルバム
第11話;激動の時期
第12話;上がったり下がったり


日本ブログ大賞2006 ホビー部門にエントリーしております。
  全国の有名BLOGに囲まれて、どこまで順位を伸ばせるか?・・・・・(笑)。
  投票期間は1月31日まで。応援ヨロチクです。→ http://www.blogaward.jp/index.php

■今日も最後まで読んでいただいて大感謝です。
  ブログランキングに参加してます。1日1回のクリックで応援をお願いします。
  現在20位台をウロチョロしてます→人気BLOGランキング
  現在4位です。ビックラこきまろ→FC2ブログランキング

上がったり下がったり

【バナナマフィンの華麗なる(?)軌跡】
-第12話;上がったり下がったり-

レコード会社に【NUFF EXPECT】を送って数ヶ月経過した頃、ほとんどのレコード会社から【残念ながら・・・】という言葉で始まる【失格】の返事をもらっていたワン。さすがにヘコミ気味な毎日を送っていました。「わんきゃはセンスがないんだろうか?」「シロートが欲を出しちゃいけないんだろうか?」などと、がらにもなく悩んでいたのです。
しかし一方で【NUFF EXPECT】は順調な売れ行きでした。正確な数字は忘れましたが、かなりの枚数を作った覚えがあります。また、このアルバムは、少しずつですが福岡県外にも流出していってました。【バナナマフィン】という名前が少しずつ少しずつ広がっていくのです。
わんは、オーディションの不採用とアルバムの好調な売れ行きという現実に【バナナマフィンってイケテるの?イケテないの?どうなの?】と自問自答を続ける日々が続いていました。今思えば、一人でいる時は、かなりネガティブなVIBESになっていたと思います。

そんなある日、またレコード会社からの手紙が届きました。オーディションの結果を知らせるもので、ポニーキャニオンからのものでした。【ど~せ、また失格だろ?】と思いながら手紙を開けるわん。そして、その中身を読んでみると

【一次審査を通過しました。○月○日に二次審査を行います・・・】

なんと、バナナマフィンは一次審査を通過したのでした。ワンは、本当にビックリしました。半ば諦めていただけに喜びもヒトシオでした。ワンはこの朗報を知らせるために、すぐに家を飛び出し、53の家に向かいます。
53の家に着くなり、ワンは53に「受かった。受かった。」と言ってました。53も最初は何のことやら判らなかったようですが、ワンがポニーキャニオンからの手紙を見せながら「オーディション。一次審査通過」というと、本当に驚いていました。

53「マジすか?」
ワン「マジマジ。○月○日に2次審査って」
53「マジすか?」
ワン「まじまじ。」
53「・・・・・どうしましょう(笑)」
ワン「・・・・・どうしよう(笑)」

ワンキャは、喜びと不安と期待と達成感とで、なんだかよくわからない状態になっていて、2人でニヤニヤしながら「どうしよう?」と言い合っていました。


つづく

第1話;レゲエとの出会い
第2話;レゲエにドップリはまったのだよ
第3話;クラブ・ケンムン
第4話;リリックを書き始める
第5話;まずはセレクターとして
第6話;小倉にレゲエDJ誕生
第7話;1人から2人へ
第8話;ようやく名前が決まります
第9話;月1のレギュラーで鍛えられます
第10話;幻のファーストアルバム
第11話;激動の時期


■着うたで、バナナマフィンの曲をGET!!
レゲエ専門着うたサイトRAGGADIOで、バナナマフィンの着うたGETだぜ!!

■BLOGランキング
blogranking.gif密かに一位を狙ってるんです(笑)
一人一日一回のクリックで応援をお願いします。

激動の時期

【バナナマフィンの華麗なる(?)軌跡】
-第11話;激動の時期-

ファーストアルバムのリリースを機に、少しずつ認知されていったBANANA×MUFFIN。その後も、月イチのレギュラーをこなしつつ、いろんなトコロからオファーをもらえるようになりました。小倉井筒屋のクリスマスパーティやら、とある大学のイベント企画サークル主催のパーティー。とあるバーのDJイベント。いろんな種類のイベントでいろんなお客さんの前でLIVEを行いました。この頃、まだまだレゲエという音楽は浸透していなくて、お客さんに【レゲエという音楽の楽しみ方】を伝えつつ、自分達のスタイルを魅せつつ、というスタンスでLIVEを行っていた気がします。
順調といえば順調だった当時ですが、現状に満足できないワンは、さらに上を目指したいと考え始めました。もっともっとBANANA×MUFFINが認知されるにはどうしたらいいのか?ワンは、そのことばかり考えていました。そして考えて考えて辿り着いた結果が【全国に音源を届けたらいいじゃん?】でした。
しかし、どうやったら自分達の音楽を全国に届ける事が出来るのか、その手段が全く分かりません。悩んだ挙句にワンが取った作戦は、【レコード会社のオーディションを受けよう】というものだったのです。
ここまで考えがまとまった時点で、ワンは初めて53にワンの考えを伝えました。53は、最初戸惑っていましたが、話し合いをしていくうちに【やれるところまでやってみようか】という結論に辿り着いたようです。

2人の意見もまとまると、ここからの動きは素早いものでした。オーディションを受けるためには【デモテープ】を作らないといけません。ファーストである【ぴったしカンカンバナナマフィン】を使っても良かったのですが、ワンキャは更に質の高い音源を作るために、新たにレコーディングを行うことにしました。
まずは、トラックダウンです。自分達でレコードから録音したほか、ヒップホップのDJにお願いし、ヒップホップとレゲエをミックスしたトラックを作ってもらいました。完成したトラックを持って53が情報をかき集め見つけてきたレコーディングスタジオに行き、歌入れを行います。12曲あったのですが、全て一発録りで、しかも休憩を入れずに一気に歌いきりました。約3時間の作業だったと思います。その後ミックスダウンとマスタリングをエンジニアの方にお願いし、3週間後、ついにデモテープが完成しました。ワンキャは、このマスターをダビングし、当時オーディションを開催していたレコード会社数社にデモテープを送ったのです。
一方、せっかく作った音源なので、みんなにも聞いて欲しいよね?という話にもなりました。そこでワンキャは、このデモテープを2枚目のアルバムとして発売する事を決定。イッチョマエにジャケット撮影なんかも行いました。このときのカメラマンは、53の知り合いで当時九州産業大学か九州造形短期大学かのどちらかに通っていたカメラマン志望の女の子にお願いしたと思います。香椎近辺のアチコチで撮影しました。その写真からジャケットに使えそうなものを数点ピックアップし、自分達でデザインをして印刷をして、そして完成したものが【NUFF EXPECT】だったのです。売り出し始めると、これが予想以上の売れ行きでした。何から何まで自分達で作った思い入れのある作品だけに、感動モノでした。
20051111223613.jpg
そんなこんなで、数ヶ月経ったある日。我が家に一通の手紙が届きます。
その内容は?・・・・・次回に続きます。

つづく

第1話;レゲエとの出会い
第2話;レゲエにドップリはまったのだよ
第3話;クラブ・ケンムン
第4話;リリックを書き始める
第5話;まずはセレクターとして
第6話;小倉にレゲエDJ誕生
第7話;1人から2人へ
第8話;ようやく名前が決まります
第9話;月1のレギュラーで鍛えられます
第10話;幻のファーストアルバム


■着うたで、バナナマフィンの曲をGET!!
レゲエ専門着うたサイトRAGGADIOで、バナナマフィンの着うたGETだぜ!!

■BLOGランキング
blogranking.gif密かに一位を狙ってるんです(笑)
一人一日一回のクリックで応援をお願いします。

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。